雑記帳

感情の波を クロールで横切ってゆこう

認めざるを得なくとも

先月のブログを書いてから少しして、緊急事態宣言がそろそろ解除になるらしい… という噂が出た頃。 私はというと、朝も昼も夜も滝のように出る鼻水と目の痒さに悩まされ続け 夜もおちおち寝ていられない日が続いていました。 ネピア 鼻セレブティシュ 400枚(…

完全なる花粉症

コロナウイルスの影響で、仕事中は窓が全開になっている事が当たり前になった。 そのおかげなのか4月に「花粉症かな?」と思っていた軽い症状が、ついに大爆発をした。 目は常にしょぼしょぼで涙目、鼻は常にムズムズ、鼻水は滝のように流れ、クシャミと咳…

危機感

あっという間に4月も半ばを迎えました。 なんとか生きてます。 リモートワークが一般的になってきましたが、私の職場は官公庁関連で個人情報満載なので 資料もデータも持ち帰れないため、普通に毎日出勤しています。 一応、班編成での交代勤務にはなりまし…

マスクが欲しい

あっという間に2月も終わりましたが、コロナウィルス関連のニュースが流れない日はありませんでした。 私も1月下旬あたりから、都内に出たり外食をするのを控えるようになりました。 ちょうど階段から落ちてお尻を打った時期で、痛さで出かけられなかった…

踏んだり蹴ったり

先日、家でぼんやり階段を下りていたら靴下がツルッと滑って階段から落ちました。 上りでは踏み外してスネを打ったりする事はあったけど、下りで転んだのは初めて。 日本転倒予防学会認定 転倒予防指導士 公式テキストQ&A 作者: 出版社/メーカー: 新興医学出…

【読了#20】瀧羽麻子 うさぎパン

うさぎパン (幻冬舎文庫) 作者:瀧羽 麻子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/02/09 メディア: 文庫 幼い頃に母親を亡くし(ほとんど母親の記憶がない)父親の再婚相手が母親になった女の子のお話。 タイトルの可愛さからは、とてもそんなヘビーな生い立…

先月あたりから日によって低い音の耳鳴りがして、人の声が聞こえにくかったり 自分の声が響いたり、耳が詰まったような症状に悩まされていました。 図解でわかる 耳鳴りの原因と治療法 作者:渡辺 繁 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/12/20 メディア: …

【読了#18&19】よしもとばなな スナックちどり他

お久しぶりの更新です。 2019年は本を読もう!と決めて、ブログに感想を書き始めました。 あろうことか、読んだけど感想を書き忘れたり、何を読んだのかも忘れてしまった事もありまして… 結局、1年間で20冊程度ですが読むことが出来ました。 この歳になって…

藤子不二雄ミュージアム

ずっと行ってみたかった藤子不二雄ミュージアム。 微妙に遠いなーとか、前売り券を買うのが面倒くさいなーとか 土日は子供達でいっぱいだと聞いて中々足が向かなかったんですが テレビで「原画展開催中」と言っていたので、平日に有給を使って行ってみること…

【読了#17】瀬尾まいこ 春、戻る

春、戻る (集英社文庫) 作者: 瀬尾まいこ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/02/17 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る ある日突然現れた、兄と名乗る男。 一体誰なのか最後まで目が離せませんでした。 自分が思い描いた未来じゃなくても…

初タピオカ

タピオカが再びのブームです。 自分が若い頃にも流行ってたけど、職場のアラサー世代の子も「前に流行った」と言ってたので第三次ブームなのかしら。 タピオカというとなぜかミルクティーに入ってる事が多くて 牛乳を飲むとお腹ピーピーになる私は、昔も今も…

【読了#16】大道珠貴 東京居酒屋探訪

東京居酒屋探訪 (講談社文庫) 作者: 大道珠貴 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/10/15 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 7回 この商品を含むブログ (5件) を見る 完全にタイトルだけで選びました。 お酒好きなら読んでみていいかなって思います。 お…

【読了#15】瀧羽麻子 うちのレシピ

うちのレシピ 作者: 瀧羽麻子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/02/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 完全に表紙のイラストに惹かれて手に取りました。 レストランをやっている家族と、そこで働く料理人のお話です。 職人気質の無口な父…

室内でキャンプ気分

ずっと気になっていた「GRAND lodge CAFE」に行ってきました。 初めて降りた花小金井駅です。 室内にテントが張られていて、その中で食事ができるというお店です。 キャンプしてみたいけど、行く仲間もいないし(笑)暑いの苦手だし、道具も無いし…ってことで …

【読了#14】赤川次郎 

三毛猫ホームズの闇将軍 (光文社文庫) 作者: 赤川次郎 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2016/04/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 普通のOLが一億円を拾い、自分のお店をオープンさせてから色々な事件が起きていく。 人を操るなんてそんな簡単…

すがもん

先月、初めて巣鴨に行きました。 本当に赤いパンツ売ってたし、塩大福買うのにちょっと並んで完全におのぼりさん。 もちろんとげぬき地蔵にもお参りしました。 ゆるキャラがほのぼのしててかわいかった。 すがもんというらしいです。 御朱印帳を持って行くの…

【読了#13】瀧羽麻子 いろは匂へど

いろは匂へど (幻冬舎文庫) 作者: 瀧羽麻子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/02/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る なんでそんな人を好きになるの? 苦労するの分かってるじゃん。 あー、ほら言わんこっちゃない。 だから止めとけ…

【読了#12】池井戸潤 空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ 上下合本版 作者: 池井戸潤 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/03/07 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「リコールなんて、どこの会社でもあることですから」 と、以前某ディーラーの営業マンが開き直って言っていたのを思い…

秋田の日本酒と発酵食品

渋谷のヒカリエで、秋田の日本酒と発酵食品のイベントがありました。 出版社の編集者さん達(秋田には縁もゆかりもない関西の方々)が、秋田にまつわるトークを繰り広げるというイベントです。 チケット代に日本酒と発酵食品のおつまみ代も含まれているので …

秋田八坂神社

秋田滞在中、とても可愛らしい神社にお参りしてきました。 縁結びのご利益があるとの事で、全国各地から参拝客が訪れているそうです。 御朱印も頂きました。 宮司さんがわざわざ私たちの為にご祈祷までしてくださいました。 そのあと社務所に通され、お茶を…

田沢湖

秋田にいる間、何も予定のない日があったのですが イトコのお兄さんから連絡が来て、御朱印集め付き合うから迎えに行くぞ!との事で 急きょドライブ&神社巡りの日となりました。 10数年ぶりの田沢湖。 天気がコロコロ変わって、晴れたり雨になったりだった…

日本酒

みんなでお酒飲もう!と言うと、必ず日本酒を持ってきてくれるイトコ。 さすが秋田県です。 せっかく来たんだから…と、良い日本酒を飲ませてもらいました。 NEXT5 hyougemono へうげもの 純米大吟醸 2018 720m 化粧箱入り 出版社/メーカー: 栗林酒造店 メデ…

再びの秋田

GWは秋田へ行ってました。 前回同様、新幹線で駅弁食べながらの缶チューハイやらかしての到着でした。 ずっと来てみたかった春の角館。 優しいイトコが車で連れて行ってくれました。 イトコの娘ちゃんと久々の再会。 少し恥ずかしそうにしてたから、去年会…

GWの予定

今年のGWは10連休。 家に居てもストレスが溜まるだけなので、秋田に行く事にしました。 とは言っても、新幹線のチケットが取れるかは運次第。 えきねっとで新幹線のチケットの事前予約を入れておいたら、発売日に無事当選メールが届きました。 割引率も低い…

マイカップヌードル

約1年ぶりくらいに横浜へ行ってきました。 ランチはみなとみらい駅から少し歩いたビルの中にある中華料理店へ。 ネットで見つけたお店なんだけど、穴場と書いてあるだけあってすぐに座れました。 久しぶりの酢豚。 美味しかったなー! 青い空に青い海。 最高…

芸能人が薬物で逮捕されたというニュースを見ると、毎回「ふーん」とか「やっぱりね!」と思う。 そんな私でも、今回ピエール瀧が逮捕されたのは、かなりショックだった。 実のところ、まだショックから立ち直れていない。 昔、私はTBSラジオのリスナーで週…

【読了#11】瀧羽麻子 

白雪堂化粧品マーケティング部峰村幸子の仕事と恋 (角川文庫) 作者: 瀧羽麻子 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2013/01/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 働いてる身からすると、仕事を題材にした小説は…

【読了#10】瀧羽麻子 株式会社ネバーラ北関東支店

株式会社ネバーラ北関東支社 作者: 瀧羽麻子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2014/02/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 次に読む作品を探している時に、関連商品などに出ていたのが瀧羽麻子さんでした。 タイトルが気になってしまい、す…

【読了#9】又吉直樹 劇場

劇場 作者: 又吉直樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/05/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (9件) を見る 火花が話題になった時「芸人の書く小説なんて…」と思ったものです。 冷やかし程度の気持ちで手に取ったら、意外とちゃんとした小説だ…

【読了#8】中島たい子 心臓異色

心臓異色 作者: 中島たい子 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2015/01/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 漢方小説という本で中島たい子さんのファンになり、作品を何冊か読みましたが この本は今までの雰囲気とは少し毛並みが違っていました…