雑記帳

感情の波を クロールで横切ってゆこう

近所迷惑

近隣トラブルのほとんどは生活音と言っても良いそうです。

※お食事中の方は読まないでください。

 

 

もう何年も前からずーっと悩まされています。

毎日、向いの家のオッサンが外で痰を吐く音(声)に。

今は朝早く起きるようになったのですが

それまでは毎日5時すぎになると痰を吐く声で目がさめ

朝からものすごくイライラしながら起きたものでした。

なにしろ、そのオッサンの家と向かい合わせに私の部屋の窓があるので

網戸にしていると(していなくても聞こえますが)

早朝の静かな時間帯などは、すごくすごく聞こえてきます。

 

 

カーーーーーッ!

ペッ!!!!と。

 

 

 

思わず開いていた窓を思いっきりピシャン!と閉めるのですが

それはオッサンには聞こえていないようで、どこ吹く風で

また痰を吐くのです。

朝だけじゃなく、夜もです。

痰を吐く前に、鼻をすする音がしてくるので

「また始まった」と思い、すぐ耳を塞いで

(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい!をするのですが

なんでこんなことをしなきゃいけないんだろうと思ってしまいます。

 

もう何年も悩まされている、と冒頭に書きました。

何十年も前からそのオッサンは外で痰を吐いていましたが

今ほど大きな声ではなかったのです。

だんだんそれが当たり前になっていき(家族も注意しないのが不思議)

声もどんどん大きくなっていきました。

 

いつもそのオッサンは自分の家の敷地内でやっていますが

道路まで出てきたり、ゴミ出しをしながらしていたり

毎日大きな声を出して痰を吐いていました。

それが続いてさすがの私も耐えきれなくなり

勇気を出して注意をしようと決めました。

でもやはり親の手前、直接言うのは角が立つと思い

毎日そのオッサンが立っている場所の門柱に

夜中にそっと張り紙をしました(外からは見えない向きで)

 

「外で痰を吐くのをやめていただけませんか?

 早朝など、音が響いて大変迷惑しております。」と匿名で書きました。

そして翌朝、オッサンは痰を吐くのをやめました。

ああ、静かになった。

正義は勝つ、なんて思っていたらしばらくして

そのオッサンは家を建て替えることになっていたらしく

建設工事が始まりました。

その間、オッサン一家はアパート暮らしになり

迷惑な痰吐きもなくなったのでホッとしました。

 

そして家が完成してすぐオッサンがまた引っ越してきました。

あの張り紙の事はもう忘れてしまったのか

結局また以前と変わらず痰を吐くようになり1年が過ぎ

現在に至ります。

 

この暑いのにマスクをしたりしているそのオッサン。

これだけ毎日毎日痰が出るっていうことは

よっぽど疾患があるのではないかと思うのですが

どうなんでしょうか。

匿名ではありますが、1度苦情を伝えてありますので

なかなか2度目っていうのは言いにくいものです。

これを書いている今も、鼻をすする音が聞こえてきます。

しかし、オッサンの家族もなんで注意をしないのでしょう。

毎日暮らしていると何とも思わなくなるのでしょうか?

ふぅ。

長文を読んでくださり、ありがとうございました。