雑記帳

感情の波を クロールで横切ってゆこう

水泳のこと

昨日の続きです。

 

チームプレイとか、団体でやる競技は苦手でした。

それは今も全く変わってませんよ(笑)

水泳は個人競技で、泳いでいるときは1人ぼっち。

でもそれが私の性格に合っていたみたいです。

コツコツと泳ぐ、ということが。

すごく楽しかったんです。

辛くてサボったりもしたけど、水の中にいるのが好きでした。

 

大会に出たのは3年生の最後の夏。

結局、水泳経験者や速い人がいるので私は選手にはなれず

万年応援係をやっていたのですが、ある時顧問の先生に呼ばれて

「真面目に練習してきたんだから、大会に出したい」

「バタフライをやる人がいないから練習してほしい」

と直々に言われ、なんだか嬉しくなりました。

あの時ほど私がやる気を見せたことはなかったなぁー。

 

バタフライの練習に明け暮れ、毎日筋肉痛の日々。

あの時が1番良い体系をしてたな!

いわゆる逆三角形ってやつ。

でもよくあんなに動けていたなぁと思います。

なんとかバタフライも形になった頃、正式に選手として選ばれ

大会に出場することができた時は嬉しかったです。

棄権と失格の人がいたので繰り上がって、市内大会5位入賞。

水泳部に入って良かったなぁと思った瞬間でした♪

 

高校はプールがなかったので水泳からは遠ざかりました。

でも社会人になってお給料を貰うようになってから

スポーツクラブに通い始めて、また水泳を始めました。

20代の時より体力は落ちましたが今でも週に何度か泳いでいます。

泳ぐと心までスッキリしますよ☆

これからもきっと水泳とは離れられないんだろうなーと思います。

 

以上、わたしのひとりごとでした。