読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

感情の波を クロールで横切ってゆこう

ジムで見かけたエネルギッシュな方々

どうもこんにちは。

湿布の香りがほのかにする女です。

土曜日に背中を痛めましたが、整体と超スローなストレッチ効果か

なんとか少し楽になってきたところです。

早くプールで泳いで体をほぐしたいなぁと思ってます。

 

そういえば、今月初旬にTVでニュース番組を見ていたら

びっくりするニュースが流れました。

ジムで70代の男性同士が口論になり、耳を噛み千切られる

という、なんとも恐ろしい傷害事件です。

しかしジムに行くだけあって、70代でもパワー有り余ってますね!

ちょっと感心してしまった私。

 

でもこれは身近でもおこりうることですよ!

というのも、私も以前ジムで口論になっている人を見たからです。

年配の男女でしたので、さすがに傷害事件にはなりませんでしたが。

やっぱりジムに来る方はエネルギッシュですねぇ(しみじみ)。

私なんて喧嘩すらしようと思いませんもん。

省エネルギーですよ。

 

私が見た口論は、プールでウォーキングをするコースでのこと。

歩くのがとてもゆっくりな女性と、逆にとても速い男性がいました。

これは私が通っているプールだけのルールかもしれませんが

前の人に追いついてしまった時は、横から抜かすのではなく

f:id:xx_green-heuchera_xx:20150119111327j:plain

この図のように、Uターンして引き返すのが暗黙のルールになってます。

他のジムではどうなのかなー?

別に誰が決めたわけでもないし、言われたわけでもないのですが

横から抜かすとなると、反対側を歩いている人の方に膨らむので

邪魔にもなるしぶつかる可能性もあるし…と想像して

みんなこうやってるのかなーと思うのですが。

 

しかし、その男性は違いました。

Uターンせず横から抜かしていく人だったのです。

ちょっと危ないなって思いましたが、抜かされる人はみな

「どうぞどうぞ」「速いですねぇー」なんて言ってるし

スタッフも特に注意をしないので、見過ごしてたんですね。

 

ところがある日のこと。

とてもゆっくり歩く女性が、何度も横から抜かしてゆく男性に

「横から抜かしたら危ないわよ!!」と怒り出したのです。

すると男性が「遅いんだよババア!」と言いかえしたかと思うと

「なによっ!あんただってジジイのくせに!」

「そうだよ、俺はジジイだよ」

(ここでちょっと笑いそうになってしまった自分…。我慢したけど。)

などと言い争う声だけがプールに響き、私や他の利用者は

シーン…(ちょっとにやにや)となりました。

 

実際、一緒のコースで歩いていた自分も少し危ないなーと

思ってはいたので、女性が文句を言う気持ちも分ります。

ただ、男性の気持ちもよく分かるのです。

と言うのも、実は私もその男性には何度も追いつかれていました。

でも、横から抜かされることはありませんでした。

なぜなら、抜かされる前に私の方が先にUターンするか

壁の所で立ち止まり「お先にどうぞ」と譲って先に行ってもらい

自分は後から行く、という風にしていたからです。

そうすれば速い人のペースを乱してイライラさせることもないし

こちらも焦る必要がないので、気持ち的に楽なんです。

時と場合によりけりですが、これが1番スマートな方法かな?と。

少なくとも私はそう思ってやってきました。

 

でもその女性は「譲る」「先に行かせる」ということを

ただの一度もすることがありませんでした。

自分の後ろで何人つまっていようがおかまいなし…。

速い人を先に行かせたらスペースが空くのにな…と思う時でも

譲ることはなく「われ先に!」という感じでした。

なので、私も少しイラッとしてしまったことがあるので

男性のイライラが達し、そういう行動に出てしまった

という気持ちも理解できてしまうのです。

難しいものです。

 

それからしばらくして、男性の方はプールに来なくなりました。

女性の方はいまだに「ジジイのくせにって言ってやったわよ」

などと、その時のことを誰かに教えてるのが聞こえてきます。

もーいいじゃん…って思うのですがね。

あなたもあなただよ、と言えない自分も情けないですが…。

今だにその女性は、何度追いつかれようがつまっていようが

一度も後ろを振り返ることなく、譲らないままでいます。

これで良かったのでしょうか…。

譲り合う気持ち、相手を思いやる気持ちが少しでもあれば

何かが違っていたのでしょうか。

 

公共施設を利用するときのルールって難しい。