雑記帳

感情の波を クロールで横切ってゆこう

獺祭スパークリング


f:id:xx_green-heuchera_xx:20201203210827j:image

先日、以前から気になっていた小さな酒屋さんへ勇気を出して入ってみました。

入ってびっくり。

品揃えのなんと素晴らしいこと!

日本全国の日本酒、ワイン、梅酒…ありすぎて選べないくらい。

ずっと飲んでみたかった獺祭に巡り会えたので購入。

お給料日前で気が小さかったので、獺祭のお安めなスパークリングにしました。

ちゃんとお米の味が感じられて美味しかったです。

 

このお店、店主と従業員さんの過度な接客もなくて適度にほっといてくれる所がとても私好み!

お正月用にまた買いに行こうと思っています。

f:id:xx_green-heuchera_xx:20201206201336j:image
あと一緒に買って気に入ったのが、ほたるいかのおつまみ。

ライターで直にあぶって食べるというスタイルなのが面白い。

少し焦げをつけると香ばしさが増して、日本酒にピッタリ合いますねぇ。

いやぁ、いいお店を見つけちゃいました。

頑張ってるといいこともあるもんだ!

久しぶりの更新

前回の更新から、いつの間にか半年が経過してました。

色んな人のブログを読むだけで精一杯の毎日でしたが、とりあえず私は元気です!

 

今年、コロナが流行り出してから休みの日は家に引きこもっていて仲の良い友達と全然会っていなかったのですが

秋にやっと再会できて、なんだか感無量といった気持ちになりましたね。

店内での食事は控えて、テイクアウトを利用して公園でランチをしましたが

外の空気を吸ってご飯を食べるだけでも開放感があって、ストレス解消になりました。

 

仕事は相変わらずで、派遣社員として田舎の官公庁関連で働いてもうすぐ三年になろうとしています。

何年働こうが派遣は派遣なので、正職員には面倒な仕事を押し付けられまくり

住民には「公務員は給料高くていいね~」とイヤミを言われ…

(こっちは派遣だよ、派遣!正職員の半分しかもらってないよ!賞与なんか1円もないよ!!)と言いたいのを必死で堪える日々です。

テキパキ仕事をするとどんどん仕事を増やされ、ノンビリ仕事してお喋りばっかりしてるベテランのパートさんは仕事を増やされないという…本当に納得いかない!!(今の時代、長くいたら真面目に働かなくてもよくなったのか?)

 

そんな理不尽な毎日で、コロナ感染に怯えながら暮らしているので今とっても心がすさんでいます。

もっと普通に気持ち良く働ける職場はないものかしら…。

年度末までの契約なので、それまでは何とか頑張ります!

認めざるを得なくとも

先月のブログを書いてから少しして、緊急事態宣言がそろそろ解除になるらしい…

という噂が出た頃。

私はというと、朝も昼も夜も滝のように出る鼻水と目の痒さに悩まされ続け

夜もおちおち寝ていられない日が続いていました。

 

ネピア 鼻セレブティシュ 400枚(200組)×3コパック

ネピア 鼻セレブティシュ 400枚(200組)×3コパック

  • 発売日: 2018/10/03
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

完全なる寝不足での体調不良、時給は増えないのに負担ばかり増えていく仕事のストレス、そして鼻をかんだティッシュの山。

イライラが爆発しかける寸前、お手上げ状態になり、とうとう耳鼻科に駆け込みました。

結果、やはりイネ科のアレルギーでした。

イネ科ハンドブック

イネ科ハンドブック

 

花粉症なんて認めたくはなかった。

認めたら負けだと思い続けていたのに、病院の先生に断言されると、さらっと認めてしまう自分が悲しい。

 

気にもしたことがなかったのですが、その辺に生えてる雑草ってほとんどイネ科だったのですね…。

今年は土手の雑草などが刈られていなかったので、雑草がすごくてイネ科の花粉も大量に飛んでいたそうです。

 

その場しのぎで飲んでいた市販薬をありがたがっていた私ですが、先生には

「あぁ、アレねー。全然効かないんだよね」と一笑に付されました。

ただ「よく効く薬ガッツリ出しておくからね!(キリッ)」と言われて、ただの花粉症なのに、先生の言葉にいたく感激してしまったのでした(笑)

 

市販薬と同じくらいの値段で、飲み薬と点鼻薬と目薬まで出してもらえるなんて本当にありがたいです。

その日からはその飲み薬のおかげで、鼻水に悩まされることも、目の痒みも収まってストレスが軽減されました。

 

いやー、花粉症がこんなに大変だったとは…。

今まで「花粉症なんて甘え」とか言っていた自分が恥ずかしいです。

これからはイネ科のシーズンのたび、耳鼻科に通うことになりそうです。

 

完全なる花粉症

コロナウイルスの影響で、仕事中は窓が全開になっている事が当たり前になった。

そのおかげなのか4月に「花粉症かな?」と思っていた軽い症状が、ついに大爆発をした。

目は常にしょぼしょぼで涙目、鼻は常にムズムズ、鼻水は滝のように流れ、クシャミと咳が止まらない。

思考能力も無く、夜中に鼻水が止まらなくなって目が覚め、枕元には大量のティッシュの山。

朝起きたとたんにクシャミ連発で鼻水が止まらない。

これがモーニングアタックか。

ついになってしまったのだ。

花粉症に。

 

こんな時なので医者に行くのも気が引けるし、かかりつけ医もいないので電話での受診も出来ない。

困ったもんだ。

 

何の花粉に反応してるのかを早く検査して知りたい。

5月に入ってからの方が症状がひどいので、ヒノキも早々に終わったと言われているからイネ科なのだろうか。

 

【第2類医薬品】アレジオン20 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】アレジオン20 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

  • 発売日: 2019/01/08
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

普段、薬を全く飲まないので毎日薬を飲む事に抵抗があり、なんとか耐え忍ぼうと思っていたけれど

鼻の中に吹き出物が出たり、鼻の周りが見たこともないほどガサガサになって限界を迎えた為、ドラッグストアでついに市販薬を購入した。

高い。

毎日飲むのにこの値段は高い。

そして就寝前に薬を飲まないといけないので、毎日の晩酌も出来なくなってしまった。

お酒を飲まないと翌日の仕事を頑張れないではないか…。

でもそれよりも鼻水が止まらない事の方がつらくなってしまったのだ。

アレジオンを飲まないと普通の生活すら出来なくなってしまった事に気が付き、価値観が変わっていきそうな予感がしている。

今まで自分は花粉症とは無縁だと思って生きてきたので、花粉症になってしまった事を認めなくてはならない現実がとても悲しい。

 

緊急事態宣言が解除され、早く安心して病院へ行けるようになることを心待ちにしている。

危機感


f:id:xx_green-heuchera_xx:20200420072146j:image

あっという間に4月も半ばを迎えました。

なんとか生きてます。

 

リモートワークが一般的になってきましたが、私の職場は官公庁関連で個人情報満載なので

資料もデータも持ち帰れないため、普通に毎日出勤しています。

一応、班編成での交代勤務にはなりましたが通常業務か会議室にこもるかの違いだけ。

会議室とか、もう三密もいいとこ。

この中に感染者がいたらアウトなのに。

班が違う人同士が顔を合わせないようになってはいますが、駐車場で会ってしまうので管理はザルです。

官公庁関連の危機感が無さすぎて怖い。

 

窓口業務も普通にやっているのも怖いです。

いつ感染のピークが来るのか分からないけれど、そのうち感染してしまうのではないかな。

いつ感染するか分からない中、家族総出で書類を提出だけしにくる呑気な方々。

いつになったら危機感の意味を分かってくれるのかな。