雑記帳

感情の波を クロールで横切ってゆこう

日光 【東照宮】

f:id:xx_green-heuchera_xx:20170610145554j:plain

平成の大改修が終わった東照宮へ。

周辺の道は渋滞になっておりました。

年間約200万人が参拝に訪れるという数字は伊達じゃありません。

ちなみにこのあたりの標高は、スカイツリーと同じだそうです。

 

f:id:xx_green-heuchera_xx:20170610153358j:plain

陽明門。

改修を終えたばかりのせいか、白い部分はより白く

金ぴかの部分はより一層金ぴかになっていました。

 

f:id:xx_green-heuchera_xx:20170610153610j:plain

す、すごい。

こんなに細部まで彫刻が施されているなんて。

いつまで見ていても飽きない、とはよく言ったもので

みんな端に寄って口をぽかあんと開けて鑑賞にふけっていました。

 

私だけかもしれないのですが、あまりに煌びやかな建物を見ると

少しゾッとして怖くなってしまいます。

台湾や中国に多い、屋根に龍の彫刻などが施された建物とか。

大きさや色合いがあまりに非現実的すぎると

急に怖くなってきて、鳥肌がたってしまうのです。

中華街の建物もちょっと怖いです。

 

f:id:xx_green-heuchera_xx:20170610152510j:plain

五重塔

なんでもスカイツリーと共通点があって、五重塔の構造が耐震構造に優れており

スカイツリーの構造も五重塔と同じなんだそうです。

確かに五重塔地震で崩れたなんて話は聞いたことがありません。

 

f:id:xx_green-heuchera_xx:20170824080654j:plain

 

f:id:xx_green-heuchera_xx:20170610155214j:plain

三猿、眠り猫、鳴き龍と行きたかった場所はすべて鑑賞できました。

並ぶのがとても苦手だけど、次はいつ来られるか分からないので

我慢して並びました。

 

 

f:id:xx_green-heuchera_xx:20170610155825j:plain

眠り猫をくぐって奥の院へ。

険しく長い階段をひたすら歩きました。

こんなにキツかったっけ…と思うのは、私の体力が落ちたせいでした。

無事に徳川家康墓所へたどり着いた頃には、足がガクガク。

なんつー遠いところにお墓を作ったのよ。

歳を重ねたらきっと行かれないだろうなぁと思います。

願いが叶うという杉の木にも、しっかりと参拝。

時間もせまっていたので、これで東照宮の拝観はおしまいです。

 

小学生の頃に来た時は何の感動もなく流して見ていたけれど

こうして歳を重ねると、旅行をするたびに「次はいつ来られるんだろう…」とか

「もう一生来られないかもしれない…」などと感慨深くなるものですね。

そういう気持ちになるせいか、余計に時間をかけて観て来ました。

またいつか来られるように頑張って生きよう。